傍受

通信、電磁波、暗号などの情報伝達手段において、送受信の当事者でない者が、同意なしにその内容を受信すること。特に通信に関する傍受については、通信傍受(つうしんぼうじゅ)と呼ばれる。

通信傍受法(犯罪捜査のための通信傍受に関する法律)では、「現に行われている他人間の通信について、その内容を知るため、当該通信の当事者のいずれの同意も得ないで、これを受けること」と定義されている(第2条第2項)。

現実として、傍受は故意の場合と偶然の場合の両方がある。また、有線通信と無線通信のどちらでも行われる可能性があるが、特に無線通信は電波の受信によるため、より行われやすいといえる。

同様の行為を指す言葉として盗聴があるが、日本に盗聴を取り締まる法律は存在せず、以下のような傍受を取り締まる法律が援用される。

  • 無線通信
    • 電波法(第59条)
  • 有線通信
    • 有線電気通信法(第9条)
    • 電気通信事業法(第4条)
  • 通信の秘密の不可侵
    • 日本国憲法(第21条第2項)
  • 組織犯罪の捜査における通信傍受の容認
    • 通信傍受法

あなたにおすすめの記事

Recommended Articles

おすすめアプリ

Recommended Apps

Voista Mediaがおすすめする
ボイスレコーダー系のスマートフォンアプリをご紹介。

詳しく見る