ホーム 用語集 国際人権規約

国際人権規約

1966年(昭和41年)に国際連合(国連)総会で採択され、1976年(昭和51年)に発効した人権に関する多国間条約のこと。

具体的には、次の4つの規約や議定書の総称である。

  • 社会権規約(A規約、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約)
  • 自由権規約(B規約、市民的及び政治的権利に関する国際規約)
  • 第1選択議定書(自由権規約に規定された権利の侵害があった場合、国連が個人の通報を受理・審議する手続きを定めたもの)
  • 第2選択議定書(死刑廃止条約、1989年採択、1991年発効)

日本は、1979年に社会権規約と自由権規約に批准したが、現在でも労働者への休日報酬の支払い、公務員のストライキ権の保障など一部を留保している。

おすすめアプリ

Recommended Apps

Voista Mediaがおすすめする
ボイスレコーダー系のスマートフォンアプリをご紹介。

詳しく見る

新着用語

New Terms

週間アクセスランキング

Weekly Access Ranking

Voista Mediaとは

About Voista Media

ボイスレコーダー(ボイスアプリやICレコーダー)を使って、生活を豊かにするコツをご紹介するメディアです。もっと便利で、もっと楽しいボイレコライフを送りましょう!

AI録音アプリ「Voistand」

AI-based Voice Recording App

ボイスタメディア編集部も開発に関わるAI録音アプリ「Voistand(ボイスタンド)」がご利用いただけます(現状、iOS版のみ)。詳しくは、こちらをご覧ください。